本当の敏感肌と思い込み敏感肌をチェックしましょう!

本当の敏感肌と思い込み敏感肌をチェックしましょう! ビーズアップという女性向けの美容雑誌の読者アンケートによると「敏感肌ですか?」と問いに対して「はい。23%」「たまに。66%」「いいえ。11%」 という結果になりました。


よく女性の7~8割が乾燥肌や敏感肌だといわれますが、アンケート結果をみるかぎり、間違いではなさそうです。


ただ、皮膚が薄く極端に乾燥してしまう本当の敏感肌と、気温や体調、間違ったスキンケア方法などで肌が一時的に不安定になってしまう敏感肌は区別しないといけないといわれていますよね。


本当の敏感肌といえる肌は、もともと皮膚が薄かったり、アレルギー体質の方が多く、とにかく慢性的に肌が刺激に弱いです。 一方の思い込み敏感肌というのは、乱暴なスキンケアや不摂生でみずから肌のバリア機能を弱めてしまっていることを指します。


自称敏感肌の人のほとんどは後者の「思い込み敏感肌」です。顔のなかでも頬に乾燥やかゆみが出現しやすいという場合はほぼ間違いありません。(※間違ったスキンケアの影響を一番受けるのが頬だから。)


熱いお湯で洗顔する、アイテムを使いすぎ、顔に摩擦と刺激を与えるパッティングやマッサージetc...。肌に負担をかけてしまう乱暴なスキンケアを止めることからはじめましょう。


思い込み敏感肌を立て直す、、 肌が弱い人向け保湿クリーム<Best3>

肌のコンディションは常に変化しています。

肌のコンディションは常に変化しています。 肌の状態は常に一定というわけではありません。


要チェック 季節単位でのゆらぎ(=温度や湿度の変化+花粉など)
要チェック 月単位でのゆらぎ(=生理周期)
要チェック 日単位でのゆらぎ(=寝不足、ストレス)


環境の変化という外部に問題があることもあれば、ホルモンバランスや生活習慣など、自分自身に問題があることもあります。


いずれにせよ、こうした理由が原因で、一時的ではあれ肌のバリア機能が乱れて刺激に敏感になることを「ゆらぎ肌」といったりします。


ゆらぎ肌対策というのは簡単です。肌の状態というのは、このように周期的に変化しているということを知っておくだけでいいです。 知っていれば、今は肌がどんな状態なのかわかるので、それにあわせてスキンケアを変えていけばいいんです。


例えば、3月は季節の変わり目ということで、気温が上がり紫外線も増えてきます。気温の上昇や紫外線の増加は想像以上に肌には負担になります。 また、スギ花粉がピークということで、花粉症による肌荒れ(=花粉症皮膚炎)が起こりやすくもなるので、いつも以上に肌の保湿と保護を念入りに行わないといけないでしょう。


基本は、朝晩の保湿ケアでバリア機能を整えておくということです。常日頃からバリア機能を強化しておけば、肌が大きくゆらぐことはなくなります。 肌に負担をかける化粧品やケア方法を避け、バリア機能を強化してくれるセラミドを配合した敏感肌用のスキンケア化粧品を使って対策すれば万全なはずです。


セラミド保湿×低刺激といえば、、 ディセンシアの公式HPはコチラ
Copyright © 2014 低刺激・肌が弱い人向け保湿クリームランキング<Best3>· All Rights Reserved·